管理者様へteacup.から重要なお知らせがあります。管理画面よりご確認下さい。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


しあわせサンタ

 投稿者:くるみ  投稿日:2016年12月12日(月)08時49分52秒
  メリークリスマス  

第1回こどもの建築活動発表交流会

 投稿者:つみ木おじさん  投稿日:2014年11月27日(木)16時14分6秒
    大人と楽つみ木広場

--------------------------------------------------------------------------------





第1回こどもの建築活動発表交流会

2014年8月に南アフリカで開催されたUIA(国際建築家連合)ダーバン大会2014において、 日本から推薦された「建築と子供たちネットワーク仙台」(JIAゴールデンキューブ賞2013/2014組織部門優秀賞)の活動が高く評価され、 「UIA Architecture & Children Golden Cubes Awards 2014(Institutions category)」を受賞しました。 我が国のこの分野の活動にとって、大きな励みになる出来事でした。しかしながら、日本での様々な実践活動は相互の情報交換の機会が少ないのも事実です。 これを機に、子どもの建築活動に関する実践レベルの発表交流ができる「子どもの建築活動発表交流会」を企画いたしました。 日頃の取り組みを発表し、交流いただけるよう、子どもの建築活動に関係する幅広い分野からの演題のご応募と、 発表会へのご参加をいただけることとなりました。関心のある方、お知り合いをお誘いいただき、 子どもの建築教育の未来についておおいに語り合いましょう。
―――JIAゴールデンキューブ賞2013/2014実行委員会 委員長 鈴木賢一

日程
 2014年11月27日(木) ~ 12月14日(日)
場所
 名古屋都市センター まちづくり広場(金山南ビル11階)
費用
 無料

主催
 (公社)日本建築家協会東海支部 JIAゴールデンキューブ賞2013/2014実行委員会
共催
 (公財)名古屋まちづくり公社 名古屋都市センター
後援
 愛知県/名古屋市/(公社)日本建築士会連合会/(一社)日本建築士事務所協会連合会/
 (一社)日本建築学会/(一社)日本建設業連合会
助成
 (公財)建築技術教育普及センター平成26年度普及事業

発表交流会

日時
 平成26年11月29日(土)13:00~16:45、30日(日)10:30~15:45
  ※開始30分前より受付
会場
 名古屋都市センター まちづくり広場(金山南ビル11階)ホール(大研修室)
参加方法
 無料、参加自由
プログラム
 JIAゴールデンキューブ賞優秀賞+特別賞発表、
 公募演題発表、グループトーク、
 ワークショップ見学等(詳細はチラシをご覧下さい)

 チラシ ダウンロードはこちら

ワークショップ

日時
 11月29日(土)
  13:00~15:00「758でまえワークショッパーズ」(定員40名)
  13:00~15:00「ぽけっとねいちゃ~(ひびきのリレーション)」(定員15名)
 11月30日(日)
  10:30~12:30「楽つみき広場(木楽舎)」(定員40名)
  13:30~15:30 同上、フリータイム(事前申込不要)
 12月7日(日)
  13:30~16:30「細長風船建築ワークショップ(だがねランド)」(定員20名)
会場
 名古屋都市センター まちづくり広場(金山南ビル11階)企画展示コーナー
参加方法
 対象小学生以上、無料、事前申込制
  ※申込締切り好評受付中(延長中)
  ※細長風船建築ワークショップのみ11月27日正午締切、選考により20名

チラシ(申込み) ダウンロードはこちら

企画展

期間
 2014年11月27日(木) ~ 12月14日(日)
時間
 火~木 10:00~18:00
 金 10:00~20:00
 土・日・祝日 10:00~17:00
 月曜休館、最終日12:00まで
会場
 名古屋都市センター まちづくり広場(金山南ビル11階)企画展示コーナー
内容
 JIAゴールデンキューブ賞2013/2014受賞作品、
 公募パネル、ツインペンタ(だがねランド2014のシンボル建築)等予定

チラシ ダウンロードはこちら

作品集

『JIAゴールデンキューブ賞2013/2014作品集』
JIAゴールデンキューブ賞2013/2014実行委員会

発行
 2014年11月25日
価格
 500円/1冊(年内発売分のみ税込み)
 送料100円/1冊(10冊以上は送料一律1,000円)
内容
 37点の全応募作品、審査員全員の審査講評、
 新旧実行委員長対談インタビュー、
 UIA GC賞最優秀賞「建築と子供たちネットワーク仙台」インタビュー 等

購入方法
 「購入申込書」にてご購入下さい。
 「購入申込書」こちら

共通問合せ先・申込み先

(公社)日本建築家協会東海支部事務局
TEL  052-263-4636
FAX  052-251-8495
E-mail  goldencubejapan*gmail.com(*を@に変えて下さい
 

どんぐりさんこんにちは

 投稿者:つみ木おじさん  投稿日:2014年11月27日(木)16時12分45秒
  突然連絡しました。楽つみ木は今ほど認知、評価されていないころ

楽つみ木1000個求められ、地域でこども達を招いて

楽つみ木広場実行。美濃市でのつみ木広場で初めてお会いしました。

そのあとしばらく連絡取り合っていませんでしたが

今度名古屋に行くので、名古屋地区の降るから応援いただいている方たちと

できればお会いしたいと、思い連絡しました。

30日金山駅の金山南ビル11F

名古屋都市センターで日本建築家協会主宰の

ゴールデンキューブ賞の発表会は開催されます。

楽つみ木ワークショップも10時から16時まで開催しています。
 

サプライズ

 投稿者:どんぐり  投稿日:2014年11月25日(火)15時53分11秒
  つみ木おじさん凄すぎます。
ホント魔法使いですね!

(・・・いろいろ書きたいけど省略・・・)

継続は力なり
つみ木おじさんのおかげで頑張れます。
ありがとうございました。
 

丸の内キッズジャンボリー

 投稿者:ともえちゃん  投稿日:2014年 8月13日(水)20時03分43秒
  多摩センターで息子が、3さい位の時以来で本日はあの項を思い出して応募しました。あの時も感動しましたが本日も楽しかった!つみきおじさんが、つみきの形やつみきの意味それをきく前は、よーし高く積むぞぉーと思っていましたが、みんなど作った後に赤いじゅうたんの中の世界は素晴しかったです。大人は、くじらってどんなだっけ?メタボなくじらで大笑いしました。つみきおじさんに、ともえちゃんと呼ばれてうれしかったです。親子で楽しめました、ありがとうございました。  

丸の内キッズジャンボリー

 投稿者:みわ  投稿日:2014年 8月12日(火)18時22分20秒
  初めての参加でした。積み木遊びは子供も私もあまりしたことがなかったのでどうなるかと思ったのですが、あっという間の一時間半でした。積み木も3万個となると壮観ですね!また来年も遊びに行きたいと思いました。  

楽つみ木の絵

 投稿者:miwaメール  投稿日:2014年 7月 1日(火)23時20分55秒
  子供が二歳の時に500ピースを購入してから11年経ちました。皆で楽しく使いましたよ!今でも友人が小さな子供を連れてくると、皆で遊びます。

今、水彩画を描いているのですが、先日、思い立って楽つみ木を描いたのでご紹介です!
ブログにも楽つみ木の紹介と併せて、絵を載せたのですが好評でした。楽つみ木の力が大きいですが(^^)

楽しかったので、シリーズで描きたくもなりました。

URLはブログです。

http://miwagarden.exblog.jp/

 

ありがとうございます

 投稿者:だいご  投稿日:2013年12月 1日(日)14時49分7秒
  はるばるお越し下さいまして ありがとうございました。楽しそうだなあ、だけで参加したのですが とても実り多い企画でした。モザイクのようなちいさなちいさな積み木から あんなに素晴らしい作品が生まれ 立派な建造物になったりと 美しく豊かな町になりましたね。ならでわ‥に溢れ、ひとつひとつの積み木にも愛情たっぷりで 狂いなく丁寧な仕上がりで恐れ入ります。モザイクの隙間から創られる 光と影の幻想も ほんとうに一足早いステキなクリスマスでした。真っ赤な絨毯に木の温もりよく映え・冴え、大きな大きなキャンバスに描かれ建てられた上空からのパノラマ 見事に圧巻でした。ひとつひとつ・ひとりひとりが繋がって全く違う世界が広がり素晴らしかったです。たった三種の積み木からリアリズム溢れた建造物、バベルの塔を思わせるような未完成も彷彿。様々なご苦労や豊かさ・悩み・葛藤に育まれ 二度とは無い素晴らしい創造に敬服いたします。木のやわらかな積み木に触れられ、息子も新たな出会いもあり 楽しかったようです。時間を忘れ、いっぱいいっぱいまで創った橋を誇らしそうに見せ、語ってくれました。このようなジオラマは夢にも幾度か出、正夢になったような気持ちでとっても不思議です...。  

つみ木おじさんが来て頂けるとわかってから、「どんな人なんだろう」

 投稿者:千葉県の幼稚園の先生  投稿日:2013年 7月22日(月)15時29分21秒
  月組の子どもたちとは、つみ木おじさんが来て頂けるとわかってから、「どんな人なんだろう」と期待で胸をふくらませて楽しみに過ごしてきました。
「きっとおひげが長いんだよ」「下まであって床についたら2つにわかれていると思うな」
「どこから来るのかな」と可愛らしい声がたくさんありました。
そして迎えた当日は、
赤いじゅうたんとその周りのお父さんお母さんに嬉しさでいっぱいな様子でした。
つみ木のシャワーからスタートで、いつも遊んでいるつみ木が自分にかけられるなんて予想もしていなかったことでしょう。木の香り、身体全体で触れ、つみ木に親しむ姿、子どもたちの五感を刺激してのつみ木遊び学ばせていただきました。

「親子で遊ぼう」なので、親子で一緒に作ったりするのかな、と思いきや、子どもの作る物には口を出さず、親も親同士話しあったり、作ったりする中で、子どもに戻ったように遊ぶことができた時でした。最後にあれだけひとつになって、できあがった世界を見ると、親(大人)には、大人のよさ、子どもたちには、子どものよさがあり、一緒に作らない理由を少し感じました。なんと言っても子どもの作る物には、ユーモアがあったり、可能性を感じ、とても魅力的でした。私もそうですが、大人はどうしても形を考えたり、頭で完成図を想像して作り始めていますが、子どもたちは手が先で、作りながら形を変えていきます。子どもならではの感性だなとうらやましく思います。大人の手や口が入らないからこその表現でした。

ただ、生活の中でつみ木遊びをしていたときに、3つの違う形を組み合わせて遊ぶこと、もっと声をかけていればよかったなと思いました。1つの形だけでなく、違うものを入れることでの面白さや可能性、今回とても感じました。

また、私は「頭で考えすぎだ」と言うご指摘を頂き、はっとさせられました。固定概念でったり、概念があることは、私の最大の弱点なのです。つみ木にも現れてしまった。と反省で、お声をいただいてから、いろいろ置き方を変えて試してみたり、ただ思うままに積んだり、くずしたりと繰り返して作ってみました。近くにいた子どもたちにヒントをもらったり、見て学んだりと充実した時でした。
台形のつみ木が、いろいろな置き方ができると身体で感じた時、なんだか固まっていたものが少しずつ溶けていくようなそんな感覚がしました。

これは日頃の保育にも通じて考えられる部分であると思います。クラスの中でも大人は私一人なので、私の感性で声をかけ、生活をしています。それは裏を返すととても怖いことです。私がいいと思ったことや、子どもを見る目が固まっていたら、よいものを見落としてしまうからです。
自分の感性や感覚がすべてではなく、つみ木遊びの様に色々と試し、工夫し、考えることが、新たな発見や可能性を広げることにつながっていくのではないかと思います。多方面から見ることを心にとめ過ごして参ります。
そんな当たり前だけど大切なことに改めて気づかせて頂き感謝です。子どもも、親も、保育者も、思いっきり遊んだと思える一日で、その中から遊びの魅力、子どもの力、大人のあり方、様々なことを感じることができました。ありがとうございました。
 

地元の人たちが地元のために地元の仲間たちとコトを

 投稿者:つみ木おじさん  投稿日:2013年 7月11日(木)18時41分30秒
  7月7日木楽舎つみ木研究所はおじさんは

福島、南相馬。

もうひとつは山梨県春日井市にあるスピークイジィー英会話スクールのお楽しみ会に楽つみ木遊びあいが呼ばれました。

担当は研究員千太郎、章の精鋭のファシリテーターが担当。

SIの前田さんからも当日楽つみ木遊び愛でいろいろな普段見せない個性に出会えて

感激しました。多くの親子が堪能していましたよと連絡いただきました。

そのころおじさんは前田さんたちも南相馬のこどもたちを応援している活動

LAVE SAVE JAPAN in yamanashi の南相馬の現地の担当の阿部さんのお導きで

南相馬の親子に楽つみ木の特別プログラムを提供していました。

山梨と南相馬約500km以上離れています。ネットでつながりやすい錯覚の時代ですが

ライブにリアルにつながっていること実感しました。

■地元の人たちが地元のために地元の仲間たちとコトを

起こします。。。。。。。。。。

この活動が今新しい活動に進化(アウフへーベン)使用としています、

南相馬の有志たち(仙台の有志をも含む)が楽つみ木を10,000個持って

南相馬、福島、仙台で活動(ワークショップ)団体を立ち上げようとしています。

おじさんたちは縁の下の力持ちで支えます、ですから全国の楽つみ木サポーターの

みなさまぜひともおうえん支援を強くお願い申し上げます。

あなたの志が間違いなく福島の、南相馬の、仙台の子どもたちの

未来を照らします。いま子どもたちの未来に手を貸す時、、、、、、、、、。
 

/105