teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


いちのみや

 投稿者:いちのみや  投稿日:2013年10月 9日(水)16時15分41秒
返信・引用
 

【バイアグラ】通販専門店

 
 

ドモ

 投稿者:長居  投稿日:2005年 6月25日(土)17時28分20秒
返信・引用
  ダンゴムシの元気が無い・・・・・・・・・・・
なんかあるんすかね~?
 

あ・・・・・・

 投稿者:長居  投稿日:2005年 6月25日(土)17時25分24秒
返信・引用
  オス・・・・・・・・・・・・・1匹
メス・・・・・・・・・・・・・2匹
子・・・・・・・・・・・・・・6匹
エサ・・・・・・・・・・・・・落ち葉
です・・・・・・・管理人さん・・どうすか?
 

すんません

 投稿者:長居  投稿日:2005年 6月25日(土)17時22分43秒
返信・引用
  これからはじめようと思います。
たまにくるんで・・・・・・
ID変わっても気にしないで・・・・
 

ダンゴムシデス

 投稿者:長居  投稿日:2005年 6月25日(土)17時17分39秒
返信・引用
  ダンゴムシです  

乾燥がひどいらしい

 投稿者:kanrinin  投稿日:2004年12月31日(金)21時14分8秒
返信・引用
  寒いとはいっても、飼育している部屋は一応暖房してるんで、ダンゴムシは少しは活動できるようだ。水気をたっぷり与えると何匹かは動き回っている。
ちなみに最初に生まれた子供たちは、もう1cmぐらいまで大きくなってきている。
 

寒いからな・・・

 投稿者:管理人  投稿日:2004年12月15日(水)15時06分12秒
返信・引用
  もう、本格的に寒くなってきたので、ダンゴムシはまったく活動しなくなってしまった。
つまらん・・・
また春に元気に復活してくれればいいんだが。
 

色が・・・

 投稿者:管理人  投稿日:2004年11月19日(金)15時16分33秒
返信・引用
  最近良くダンゴムシを見てみたら、色が普通じゃないものがたくさんいる。普通は、オスはグレーでメスはちょっと茶色っぽいやつなのだが、飼育しているやつは、こげ茶色というか、赤っぽい濃い茶色というか、とりあえず見たことのない色をしている。これも生まれたときからのプロテインばかりの栄養の偏りのせいだろうか。色だけがおかしいのならいいのだが・・・
更に最近元気がないような気がする。元気なやつもいたりするが、とても弱っているようなやつもいる。寒くなってきたからなのだろうか。。。

 

つまようじ

 投稿者:管理人  投稿日:2004年11月11日(木)03時57分40秒
返信・引用
  高いところが好きなのかと、壁に立てかける形で爪楊枝を刺してみた。すると、爪楊枝の一番高いところにダンゴムシが群がっていた。
本当に高いところが好きなのだろうか??
最近、ダンゴムシに飽きてきた自分がいる。ダンゴムシに申し訳ない・・・
 

(無題)

 投稿者:管理人  投稿日:2004年10月19日(火)14時04分27秒
返信・引用
  ダンゴムシが、落ち葉の付け根(枝についていた部分)に群がっていることがたまにある。
いったい何なのだろうか?
ちなみにここ数日あまり元気がないように見える。プロテインの消費量も少ない。寒くなってきたとはいえ室内だし、そんなに寒くなってはいないと思うし。心配だ。

 

夜行性

 投稿者:管理人  投稿日:2004年10月10日(日)18時13分11秒
返信・引用
  ダンゴムシは、夜行性だという話なので、実際そうなのか実験してみた。
飼育ケースに覆いをかけて、しばらくしてその覆いをとると、ものすごい数のダンゴムシが・・・
プロテインにも大量に群がっているし、あちこちで、たくさんのダンゴムシが動き回っている。
そして、覆いを取るとすぐに隠れてしまう。
 

 投稿者:管理人  投稿日:2004年10月 5日(火)21時11分43秒
返信・引用
  ティッシュかなんかの切れ端を湿らせて、飼育ケース内におくと、ダンゴムシがその上に群がるってくる。これは、ティッシュに染み込んだ水を飲むためにそこに群がってきていると考えられる。ダンゴムシがそんなに積極的に水を飲むものだとは知らなかった。
霧吹きで、飼育ケースない全体を湿らすと、石の上にダンゴムシが上がってくるのは、乾燥を嫌うダンゴムシが、湿気が増えると、カルシウムなどを摂取するために上ってきているのだと思っていた。でも、水を飲むために石の上に上がってきていたのかもしれない。
 

(無題)

 投稿者:管理人  投稿日:2004年10月 5日(火)21時04分25秒
返信・引用
  実験から帰ってきたら、更にダンゴムシが増殖しているように見える。
プロテインと落ち葉が喰われていくのもすごい速い。
大人だけのときで、10日近く消費するのにかかっていた量のプロテインを、1回目の孵化後では、3,4日。現在では1日で消費してしまう。。。
また、実際のところダンゴムシの大きさを確認すると、少なくとも3段階か4段階の大きさに分類できる。
現在まででは、2回、卵から孵っているのを確認しているが、これを考えると、実際には少なくとも3,4回は孵化していると考えられる。
 

気になる・・・

 投稿者:管理人  投稿日:2004年 9月26日(日)02時33分45秒
返信・引用
  実験のため1週間ぐらいダンゴムシを見ていない。世話は依頼してきたので大丈夫だとは思うが、どんな状況なのかとても気になる・・・・・
 

また生まれた

 投稿者:管理人  投稿日:2004年 9月17日(金)13時59分37秒
返信・引用
   2,3日留守にしていて帰ってきたら、また子供が生まれていた。前に生まれたものと比べると、大きさ(約1/4)、色も全然違う。しかしこのペースで生まれていくと結構大変なことになる気がする。また、相変わらずの食欲である。帰ってきたらほとんどの落ち葉が葉脈だけになっていた。プロテインもなくなっている。
 前から思っていたことだが、『霧吹きを使うときは、ダンゴムシにかからないように』という話を聞くが、この状態になるとはっきり言って不可能である。飼育ケースの至る所にダンゴムシがいるので、どういうやり方でも水はかかってしまうやつがいることになる。

 

偶然ではなかった

 投稿者:管理人  投稿日:2004年 9月11日(土)10時05分11秒
返信・引用
   トビムシは、相変わらず現れない。少しは食べにくる奴もいるのだが、前よりもかなり数が減っている。ダンゴムシは、ますます活発なように見えるので別にかまわないのだが。
 9/8の日記でも書いたが、落ち葉の裏側(プロテインをのせている場所のちょうど裏側)を食べているのは偶然だろうと思っていた。しかし、それは偶然ではなかったようだ。
プロテインを与える位置を変えて与えるたびに、ダンゴムシはその裏側を食べるようである。そして、落ち葉に穴があくと、そこにあったプロテインも全部食べてしまう。現在ではその落ち葉も50%ほどの面積がなくなってしまい。プロテインをのせる場所がなくなってしまった。という状況である。食欲は、ますます旺盛になり、どんどん大きくなっているように見える。
しかし、このまま大きくなり、普通のサイズになったとしたら、数を考えるとあの飼育ケースでそのまま飼い続けることは不可能であろう。この前、また交尾をしていたのを目撃したかもしれないし、これからどんどん増える可能性も大いにありえるわけだし、少し考えておくべきかもしれない。
 

トビムシは?

 投稿者:管理者  投稿日:2004年 9月 8日(水)18時14分48秒
返信・引用
  昨日は、プロテインを食べに来なかったことで心配をしていたが、以前ほど活発でないが、今日は昨日よりはよく動き回り、プロテインを食べにくることもあり、ほっとした。
ただ、トビムシの姿が見えない。トビムシは特に飼育しているつもりはないが、飼育環境が変わったことで、居なくなってしまったのなら、あまり喜ばしいことではない気がする。
また、子ダンゴムシの色、大きさは、ますます大人のものに近づいている。成長がはっきりと日に日に変化していくことが確認できる。喜ばしいことだ。
 

元気がない(?)

 投稿者:管理者  投稿日:2004年 9月 8日(水)18時09分35秒
返信・引用
  昨日、見てみたら早速プロテインにカビが生えていた。プロテインは落ち葉の上に落ちて与えており、その落ち葉にはダンゴムシがあまり食べなそうな、硬く、光沢のある、椿の葉のような葉を採用している。
カビが生えているのでその落ち葉を取り上げ、プロテインを交換しようとすると、落ち葉の裏側に、ダンゴムシが78ひきくっついて落ち葉を食べていた。ちょうどプロテインを乗せている部分の裏側であったが、ただの偶然で、特に意味はないだろう。
とりあえず、落ち葉の裏のダンゴムシを取り去った後、プロテインを新しく与える。
しかし、この日は、トビムシ、ダンゴムシともにプロテインを食べに来なかった。また、飼育ケースの中で、動き回っている姿もあまり見られなかった。
カビがよくなかったのであろうか??
 

今日も元気

 投稿者:管理人  投稿日:2004年 9月 6日(月)23時17分35秒
返信・引用
  ほぼ、葉脈となってしまった落ち葉が数枚。本日も食欲旺盛。動きもとても俊敏でとても元気。子供たちはもう薄い灰色となっている。
 

壁際に・・・

 投稿者:管理人  投稿日:2004年 9月 5日(日)23時13分0秒
返信・引用
  今、見てみると飼育ケースの壁際にダンゴムシが集まってる。20匹ぐらい。しかも手前の壁だけに集まっている。いったい何なんだろうか??
 

(無題)

 投稿者:管理人  投稿日:2004年 9月 5日(日)17時13分17秒
返信・引用
  昨日は、全く放置したままであった。
今日みてみると、プロテインがカビを生やしていた。危ない。やはりプロテインはカビが生えやすいので、湿気を好むダンゴムシに与えるには、注意が必要だ。
だが、カビが生えていたとはいえ、4日ほど前に与えたプロテインが半分ぐらいに減っていた。またプロテインだけでなく、落ち葉もかなり喰われている。一昨日で、元の落ち葉の状態の70%ぐらいの面積だった落ち葉が、現時点では20%以下といった具合である。
最近、親ダンゴムシが重なり合っているところを目にすることがある。はっきり見ていないのだがオスとメスだった気がするのでもしかすると交尾なのかもしれない。だとすると、1ヶ月後(?)には、また子供が生まれるかもしれない。
 

(無題)

 投稿者:管理人  投稿日:2004年 9月 3日(金)13時22分31秒
返信・引用
   今日、下のほうにある落ち葉を見ると、穴だらけに。良く見ると葉脈だけになっている元落ち葉がいくつか。
 最近、食欲旺盛なので喜ばしい。子ダンゴムシの色も徐々にグレーになってきた。最初は真っ白だったのに。昨日、子ダンゴムシの大きさについて、『5割増ほどの大きさ』と書いていたが、良く考えると倍以上になっている気がする。もともと1mmぐらいのものだから、今も23mmといった大きさだが。
 子供も親もやはり好きな場所は同じらしい。落ち葉を一枚裏返すと推定20~30匹の子ダンゴムシが。しかも後から親ダンゴムシもその落ち葉の下にもぐっていた。
 

現在までの状況

 投稿者:管理人  投稿日:2004年 9月 2日(木)21時58分3秒
返信・引用
  乾燥しにくい工夫をしてからは、植物が芽を出し始め、更に別の虫(12mmほどの飛び跳ねる)も繁殖。ダンゴムシ以上にプロテインにたかっている。
また、今まで知らなかったが、ダンゴムシは石の下の隙間に潜り込むというよりも、自分で土を掘って穴をあけるようだ。現在では石のふちにかなり穴があいている。
また、子ダンゴムシは、生後2週間程度であるが、すでに5割増ほどの大きさに成長。
脱皮をして大きくなるという話だが、すでに脱皮したのであろうか。
 

現在の状況

 投稿者:管理人  投稿日:2004年 9月 2日(木)21時50分37秒
返信・引用
  親ダンゴムシ  ・・・  オス3匹、メス2匹(多分)
子ダンゴムシ  ・・・  たくさん (生後2週間)
エサ      ・・・  プロテイン(大好きらしい)、落ち葉、など

・状況
飼い始めた当初は、乾燥のせいか全く元気がなかったものの、飼育ケースに濡れタオルをかぶせるなどの乾燥しにくい工夫をすることで、活動が活発に。
現在では、飼育ケースじゅうをうろうろと歩き回り、落ち葉、プロテインなどを食べまくっている。中に入れている石が湿っているときは、好んで石の上に上っているように見える。
カルシウムなどを摂取するために、小石、コンクリートなどを食べるという話なので、石を食べているのかもしれない。
 

観察日記開始

 投稿者:管理人  投稿日:2004年 9月 2日(木)21時35分53秒
返信・引用
  今日から観察日記を開始  

レンタル掲示板
/1