teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(2)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:15/477 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

シリーズ・ともだち『ミナフォン』

 投稿者:たなちへ  投稿日:2011年 5月25日(水)21時08分51秒
  通報 返信・引用
  ともだち『ミナフォン』


ミナフォンとは、谷9にあるタコヤキ屋ねうちやという店で初めて出会う。
むちゃくちゃ可愛い女の子だなあという第一印象だった。
喋りやすくて、すぐに仲良くなった。
どうも、アジア雑貨系のおしゃれさんに若干警戒心を持ってしまうタチであるが、ミナフォンはすごく気さくだった。


ミナフォンちと、うちんちは同じ阿倍野筋沿いで、うちんちの前をチャリで15分ほど北上するとミナフォンちの前に着く。
いつ頃からだったか、しょっちゅう一緒に遊ぶようになった。
そして、山に登るようになる。
自転車仲間でもあり、梅田や心斎橋を山グッズ求めて走ったもんやなぁ。
ザックを何度も背負ったり下ろしたり鏡見ながらああだこうだとか。
次はどこ山行こうかとか、膝サポートだとか、ドライメッシュだとか。


そんなミナフォンとの最初の旅は、2人で強行登山に挑んだ梅雨の屋久島。
豪雨で主要登山口が閉鎖されてたけど、うちらが入ったルートは開いてたため、うちら2人は宮浦岳を目指して土砂降りん中進んだ。
すれ違う人なんかほぼ皆無。
ほんとの森の中に、うちら2人きりで、聞こえるのは雨の音。
あの空気感は思い出しただけで燐とした気分になる。
おばけ屋敷な山小屋でのネズミに怯える長い夜。
2人占めだった早朝の縄文杉。
その後、鬼のような筋肉痛でのたうちうめいた事なんて、もう忘れちゃったねえ。


ミナフォンとは、つい今年2月には南米旅行も果たした。


次は、いつ一緒に旅に行けるかなぁ、山かなぁ、海かなぁ、外国かなぁ、なんて思ってた矢先のうちの身重発覚(笑)


ミナフォンよりもお先に、仕事を捨て、長いひとり旅に出てみたうちが言えるのは、ほんとに仕事を辞めて良かった。
ひとり旅に出て良かった。ってことです。
だからミナフォンは、これから良かったことだらけになるハズ。
ミナフォンのひとり旅、よだれ垂らして見守ってる。
絶対楽しいから、絶対行って来て。
そんで、絶対絶対、得るものがザックぱんぱんになるほどある。


そんで、またいつか絶対一緒に旅に行こうね。



シリーズ・ともだち
次回は山下夫妻です。




 
 
》記事一覧表示

新着順:15/477 《前のページ | 次のページ》
/477