teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(2)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


シリーズ・ともだち『ジョーくん』

 投稿者:たなちへ  投稿日:2011年 5月20日(金)12時56分11秒
返信・引用
  ともだち『ジョーくん』


ジョーくんは、キングジョーという名前でなんやかんやしている。
そのスジではかなり名高く、みんなが大好きキングジョーというところだ。
うちの中では森本吉哲の方のジョーくんの方がなんだかしっくりくる。
くったりしたスーツ姿で、「どもどもー」とかひょこひょこしながらワンカップ片手のジョーくんの方が、
なんか好きだし、うちの中のジョーくんは、そうゆう森本家のダンナという存在からスタートしているせいもあるかもしれない。


そもそも、うちはジョーくんの嫁、パルちゃんの方が仲良しだった。(のちに出てきますが)
そして、この夫婦2人ともと仲良くなりはじめたのは、クレイジーケンバンドの90年代後半のライブあたりからだったと思う。
CKBいいよねいいよねと、それまであんま接点のなかった音楽の部分の共通項が、CKBで合致する。
たしか、クアトロのワンマンの打ち上げに向かうエレベーターの中で、ジョーくんと喋ったような。
発光!深夜族のイベントかなんかのDJでジョーくんがいて、うちが持ってた風船の柄のカバンを見て、
『飛んでますな~』と言ったようなのを記憶している。


それから後、うちが京都生活から阿倍野生活に引っ越しし、森本家と近所になったことから、うちと森本家は切っても切れぬような付き合いに次第に流れていった。

ジョーくんは、ほんとにダメなおっさんだが、どうも憎めないところがある。
もともとパルちゃんを他人のように思えない、うち自身の姉のような感じでいたとこがあるせいで、ジョーくんの存在は、もはや義兄といった位置だった。
今でも、ジョーくんとうちの関係を人に説明するに、一言で言うならば『出来の悪い義兄です』とキッパリ言える。
有名だかなんだか知らないが(笑)うちにとっては、出来の悪い義兄だ。


しかしながら、その義兄は、とかく人一倍おもしろい。
ゲラゲラ爆笑というアクション的な派手なおもしろさではなく、知能犯である。
知能犯な笑い好きなうちとしては、毎度、ジョーくんのショモない話があとあと尾を引くくらい笑わせられる。


いつからこんなに仲良くなったんやろうと思うけど、どうにも思い出せない。


ただ思うのは、音楽が共通だとか、イベンターだとか、DJだとか、肩書きだとか、そうゆうのはどうだっていい。
人と人がほんとの友達になるのは、その人が興味深いかおもしろいかくらいなもんだ。
うちは、ジョーくんが愛おしい。
出来の悪い義兄だけど、姉を裏切るようなのは絶対許さないし、でも、義兄になんかあっても、絶対助けずにはおれない。
森本家は、うちにとって、本当にもういっこの家族なのな。



平日に大阪に出る時は、ジョーくんがちょうど外回り営業で駅ビルあたりにいますように・・・と思ってついメールする。
そして、珈琲なんかちょっとだけ飲んだりする。
一見不倫みたい(笑)だが、親戚の近況報告といった風景だ。
とても、癒される時間です。



披露宴に、森本家揃って出席してくれるのがほんとに嬉しい。
うちのいろいろを全部見てきた阿倍野の家族、ありがとね。





シリーズ・ともだち
次回はスネイキーです。


 
 

シリーズ・ともだち『しかやん』

 投稿者:たなちへ  投稿日:2011年 5月17日(火)12時50分54秒
返信・引用
  ともだち『しかやん』



しかやんは、たぶん、うちのことが相当好きだと思う(笑)
うちもそんなしかやんが大好きだけど、しかやんはだいぶうちのことを好いてくれている。
と、うちは勝手にここ数年思って生きています。


しかやんは、うちがスクービーを呼んだイベント『趣味趣味音楽05』の企画のお客さんだった。
のちに登場する”まゆみちゃん”もその類なのだが、そこはまたのちの話し。
もちろんイベント当時は、うちはしかやんのことは知るよしもない。
イベントが終わってから、いつだったか、飛田新地にある女郎屋を改造した百番という趣ある料亭にみんなで行こう企画が持ち上がった。
いつものようにすぐに知らない人を巻き込もうとする我々としては、掲示板で呼びかけ、唯一食いついてきたニューフェイスを交えての百番飲み会になる。
そのニューフェイスとして、集合場所に現れたのが、しかやんだ。
目印は、ニットの帽子だったと思う。
予想だにしないカワイイ女子が待ち合わせ場所だったあべのベルタの前に立ってて、一同よどめいたのを忘れもしない。


しかやんは、近鉄百貨店の某洋菓子屋のカフェで勤務している。
つまり、我が家と近い。


その百番飲み会ですっかり仲良くなったしかやんは、それ以降、仕事終わりで我が家に遊びにやってくる人ナンバー1の地位を確立。
おまけに、勤務地が我が家から徒歩圏内ということもあり、泊まって翌朝出勤というスタイルも定着し、しかやんはいつしか田中家宿泊率もナンバー1になっていた。


しかやんも平日休日組、シフト制で時間もばらばらという、いわゆる一般的なOL勤務時間体制でなかったため、うちと仕事のタイミングが絶妙に合ったりして、しょっちゅう、夜の9時から集合とか早朝出勤前モーニングなどして遊んだ。

天王寺で飲むと、必ずしかやんとうちはその後我が家に流れこみ、マンション下のセブンイレブンでやっすいワインを買い、しこたま居酒屋で腹一杯のくせに、またアテを買い込み、再び部屋でまた飲み直すというのを楽しんだ。

阿倍野を離れた今、あの部屋での生活の中で何が一番懐かしいかって、しかやんとだらだらクダラナトークをしながら飲んだあの時間である。
なんとも愛おしい。
2人だけで、色んな話しもたっくさんしてきた。
うちはしかやんと安いワインを空けるのがほんまに楽しかった。
あの時間は、独身生活の中でも確実に大切な時間だった。


出会って6年になる。
6年前のしかやんが一体どんな暮らしをしていたのかは、全く知らない。
うちが淡路島に来るまでの5年、しかやんが誰かと酒を飲んだ回数としては、そこにうちがいた割合は9割くらいだと思う。
そのくらい、うちとしかやんは一緒にいた。



一日くらい、戻れるもんならまたあの阿倍野のマンションでしかやんと身体に悪そうなアテで一杯やってた夜に戻りたいね、しかやん。
そう思いませんか。
白ワインには魚だとか言って、コンビニに魚売ってなくて、パックのしらす食べながらワイン飲んでた夜にね。




シリーズ・ともだち
次回はジョーくんです。


 

シリーズ・ともだち『ごーちゃん』

 投稿者:たなちへ  投稿日:2011年 5月16日(月)00時12分1秒
返信・引用
  ともだち『ごーちゃん』


ごーちゃんは、なんでかゴローと呼ばれている。
男子ではなく、色白の女子であるのに、なぜか、ゴローと呼ばれている。
本名はとても可愛らしい女の子~~って名前なのに。
うちは、ゴローと呼ぶのに抵抗があって、ごーちゃんと呼んでいます。


うちの中のごーちゃんは、バンドを取り巻く女の子という印象からスタートする。
ニートビーツとかガソリンとかそんな感じだったと思う。

うちが昭和町で暮らし始めてから、毎年必ず近所の桃が池公園でお花見をしていた。
もちろん、ライブハウスに来るお客さんや、友達仲間もみんな巻き込んでの大花見だった。
時にはライブもしたし、雨ん中ブルーシート小屋を設営して灯油ストーブを家から運んでまでしたこともあった。
そして、そんな毎年恒例の桃が池花見に、何を隠そうごーちゃんは皆勤なのである。
桃が池花見にごーちゃんアリなのだ。

そして、ごーちゃんは、ほんとにうちのイベントのご贔屓さんだと思う。
ごーちゃんはほんとによくライブハウスやバンド界隈に顔を出していると思うけど、そんな色んな華やかに見るモンがある中、うちのちっこいちっこい企画も必ず逃さず来てくれる。
不思議とすら思うくらい(笑)

うちがライブハウスでイベントすることに飽きて『家でやる』と決めた時も、もちろん毎回といっていいほど来てくれた。
ごーちゃんのアンテナに、うちのやることがひっかかってくれていることが有り難い。


今回このシリーズを書くにあたって、ともだちと2人で写っている写真をチョイスしていってるんやが、どこを探してもごーちゃんとうちが2人きりで写っている写真が一枚もなかった(笑)
なんでかなぁ、こんなに一緒におるのに・・・
と、思って考えてみたら、うちもごーちゃんも、どっちもが毎回カメラを向ける側なのよね。
お互いは写っているんだけど、カメラを向ける者同士って同じアングルの中にはいなくて当然なのよな。
うちのカメラの中には、たくさんのごーちゃんが写っています。
多分、ごーちゃんのカメラの中にはたくさんうちが写ってるんでしょう。


淡路島に引っ越してもて、うちがごーちゃんのカメラに登場しなくなったことが、若干悔やまれます。
もっと撮って欲しかったわ(笑)
桃が池のお花見も、今年は出来ず仕舞いでもう5月。
ごーちゃんとうちの毎年恒例が途切れてしまった。
ごめんよ、ごーちゃん。
でも、ほら、今月の『田中な夜だ。』は、だいぶネタの宝庫やから。
ニューモーニングは出ーへんけど、笑うとこだいぶあると思うし、シャッターチャンスもめっちゃあるから(笑)


ほんで、今度は一回2人きりで写真撮ろうや。のっ。



そんなわけで、ごーちゃんとの写真は去年の桃が池花見の一幕より。
向かって右の赤チェックシャツがごーちゃん。




シリーズ・ともだち
次回は、しかやんです。
 

シリーズ・ともだち『カズ』

 投稿者:たなちへ  投稿日:2011年 5月 9日(月)22時46分53秒
返信・引用
  ともだち『カズ』


まず、今日はカズの長女アカネちんが1才の誕生日なので、おめでとう!!!
さっさとおっきくなって、ピースボートとかに乗って欲しいと願ってます。

カズは、東京の女子高生だった。
うちが出会った頃は、ゴテゴテにおしゃれして東京のクラブで遊ぶ高校3年生だったと思う。
ちぇるしぃが東京で初めてライブをした時に、どこだったっけなぁ、あのハコ。アトミックラブてイベントだったな。
そこから、うちとカズの付き合いがスタート。
その時はまだ、たくさんいる東京ギャルズの中の一人としての認識しかない。

うちが専門学校を卒業した時、束の間だけ東京は中野に移り住んだ。
一緒に大阪から移住した松木を置いて、うちはすぐ京都に再び移住し、松木は東京に住み続ける。
松木とカズが東京で相当仲良くなっていた。


松木が大阪に帰阪し、カズは夫婦転勤で大阪へやって来た。
このタイミングから、うちと松木とカズはどんどん遊ぶようになる。

2009年春、初めて3人でベトナムとカンボジアに旅をした。
この旅で3人はものすごい結束力とものすごい信頼感を互いに感じる。


カズと旅するとおもしろい。
ただ、それだけだ。
ほんとに、カズはおもしろい。
さあ、次はカズとどこに行こうか、なんて思ってた矢先に、あんなにセックスレスだと言っていた(笑)カズが妊娠する。
うちと松木がインドネシアで泳いではしゃいでビール飲んでいる様子を横目に日本で地団駄踏んでたカズ。
年が明け、うちと松木が次に計画していた韓国旅行、妊婦には遠慮して声をかけていなかったのに、噂を聞きつけたカズは『絶対に迷惑かけないから連れてけ!!』とメールを送ってくる。
その時カズは、妊娠6ヶ月すぎにもなろうとこだったと思う。
2010年1月のおわり、うちと松木と妊婦のカズは再び揃って旅に出ることが出来た。
嬉しかった。
だって、旅にカズがいるとおもしろいんだもん。ほんとに。ただそれだけ。
2泊3日の韓国旅行は、タフすぎる妊婦カズの驚異的にバツグンの体調により、みんなカズが妊婦であることを忘れるくらいだった。
そして、思った通り、最高におもしろかった。

それから数ヶ月たった去年5月9日。
一緒に韓国を旅した赤子が、カズから出て来た。
カズから赤子が出て来た日、うちと松木は2回目の韓国旅行から帰国した日だったな(笑)

自分が妊婦になった今、カズみたいにタフでいれるかなといつもどこかで比べている。
カズがああだったんやから、うちも大丈夫、とか思う。
カズがあのお腹であんだけ動き回ってたんやから、うちかて大丈夫、と思う。
そして、周りに妊婦を感じさせない、あのタフ妊婦は、うちの今の目標だ。

カズと絶対また旅に出たい。
いつか、アカネちんとうちの出て来た赤子が大きくなった時、一緒に旅に出るような日が来たらステキだなと思う。
みんなで、インドネシアの海辺でビンタンビールで乾杯しよう。
どんだけおもろいかな。
どんだけ楽しいかな。

のっ。わくわくする。




シリーズ・ともだち
次回はごーちゃんです。






 

シリーズ・ともだち『オバ』

 投稿者:たなちへ  投稿日:2011年 5月 6日(金)11時09分39秒
返信・引用
  ともだち『オバ』


オバが首狩族でベースを弾いていたのを一回くらい見た記憶がある。
2001年か2002年かそこらへんだったかな。
ちょうどその頃、うちが住んでた昭和町の昭和マンションまで録音機材を借りに来たことがある。
その時に初めて喋ったような気がする。
うちの中のオバは、新世界で買った細身のスーツを腕まくりしてベース弾くって感じくらいだった。

あの時は、まさかその何年後から、一緒に飲んだり食ったり海行く仲間になるとは思っていない。


いつくらいだったか、うちとオバは急激に仲良くなった。
音楽とかバンドとかDJとかそうゆうんが共通てワケではなく、なんだか、職場男子的な、遊び仲間のような。


2006年くらいから、うちは毎年和歌山の海に泳ぎに行くことが夏の恒例行事になっていた。
ちょうどオバと急激に遊ぶようになったのもそのくらいだと思う。
いつだったか、オバとしちのとしかやんと4人で海に行った時があった。
全員が平日休み組だったとかで。
うちがオバと仲良くなった理由に、とても元気に泳ぐ、魚をとてもキレイに食べる、というトコがある。
うちがオバを好きな部分はそこんトコなのだが(それだけ?!笑)それも全部、一緒に海に行った日からそう思い出したんだと思います。

オバがまだ今里に住んでた頃、一緒にスネイキんちに行って夜中にチャリで一緒に帰ったりもしたなぁ。
オバがカラオケで歌うフラれてバンザイは、何度もリクエストしたいくらいツボにはまった。
うちら周辺女子の中では、カラオケでのオバはもはやちょっとしたアイドル並みに人気だった。
ステージでのMCOBBAは、ほとんど見たことがない気がする(笑)
そのわりには、個人的に歌ったりするオバを何度も見て、ぎゃあぎゃあ笑った。

オバも同じチャリ乗りだったので、よく一緒に夜中飲んでチャリで帰ったなぁ。
鶴橋で夜中ホルモン食べたこともあったような。


結局、オバのことを色々思い出しても、一緒に遊んだことしか出て来ない(笑)
ってことは、つまり、ほんとによく一緒に遊んでたんやろうと思う。
あとは中口への指導という名の説教とか(笑)
よく一緒に中口泣かしたなぁ。

一昨年くらいだったかに、しかやんとオバが付き合い出した時、オバがうちに言った。
『しかやんは俺よりチエちゃんが好きやから』
ごめんな、オバ。
そやねん、しかやんは、オバよりうちのことが好きよ(笑)
でも、うちは2人がくっついてだいぶおもろいから嬉しいです。
しかやんの話は、それはまた別の話・・・



シリーズ・ともだち
次回はカズです。


 

シリーズ・ともだち『アマッペ』

 投稿者:たなちへ  投稿日:2011年 4月30日(土)15時25分53秒
返信・引用
  ともだち『アマッペ』


アマッペ、そもそも、アマッペってあだ名が好きだな。
で、アマッペってあだ名が似合う、誰からも好かれるみんなの人気者がアマッペだ。

アマッペを最初に見たのは、1998年頃だったと思う。
その頃、京都の烏丸今出川に暮らしていたうちのボロアパート”山田アパート”の前にあるライブハウス(なんて名前だったか思い出せないわ)で、イグワナズとちぇるしぃだったかライブがあって、その後、イグワナズのメンバーが全員うちの山田アパートになだれこんできた。
うち自体は四畳半しかスペースがなかったもんで、みんな廊下や階段で飲んだり食ったりしてた。
もちろん部屋はバンドマンで満々に溢れ、うちは廊下で横になってたような気がする。
イグワナズの連中とのその先ずっと長い付き合いは、この日が最初だった。

それから先は、うちの京都生活時代のほとんどを一緒に何かしら動いてきたと思う。
イグワナズの中でも、とりわけアマッペとは仲が良かったと思うけど、まさかこんなにもなんだか家族みたいに感じる相手になるとは正直あの時は思ってなかったような。

アッサンもそうやけど、アマッペも同じ。
やっぱり長い年月が、ほんとに同じ時代をわいわいがやがや過ごして来たという長い時間は、何にも代えれない。
長い年月の間に、それぞれに起こる様々な身の上事情もその時々に、大阪の家はたまた京都の飲み屋と、場所替え人替え共有してきたのも大きい。

数年前に、あと30年くらいしてお互い一人暮らししてたら、その時はもう結婚でもするかと笑っていた時があった。
そのくらいまで一人でいたら、もうここは、この辺で手を打たないとあかんやろと(笑)
そんなバカな話をしながら、いつもユキちゃんとアマッペと三吉でホルモンをつつきながら食べ物の話ばかりで盛り上がるのが楽しかったなぁ。
好きな食べ物の話をさせたら、うちらの相性の良さは群を抜いてたと思う。
あと、面白トーク合戦も。
なんせうまく言えないけど、人やモノを面白く捉える感覚がうちとアマッペは同じように思うのね。
だから、アマッペと会う時は、いつも絶対何かしら爆笑している。
会うと必ず爆笑出来る友達ってすごい存在なのだ。


アマッペを笑かすために、うちは日々ネタ作りにいそしみます。
ちょっとでも、アマッペよりおもろいことしてやろうと思います。
アマッペの知っている女の中で、一番おもろい女1位をキープしたい。

アマッペ、披露宴では泣き笑いしてよね。
うちは、もし男の子が生まれたら、アマッペみたいな子に育って欲しいと思います。
みんなと仲良しで、おもろいことが大好きで、好きな食べ物がたくさんあって、いつも顔が笑っているアマッペみたいな子にね。





シリーズ・ともだち
次回はオバです。



 

覚え書きメモ(スマイル)

 投稿者:たなちへ  投稿日:2011年 4月28日(木)15時28分37秒
返信・引用 編集済
  さぁ、笑って  たとえ辛い時でも

そう、笑うんだ たとえくじけそうになっても

空を雲がおおっていても 笑顔を忘れずにいれば

きっとどんな困難だって乗り越えられるさ

もしも君が いつでも心に笑顔を忘れずにいれば

将来への不安やつらい事にだって

自分に負けないで ちゃんと立ち向かえるはずさ

そうすれば明日にでも お日さまはニコニコと

君に笑いかけてくれるはずだから



いつも喜びに満ちた笑顔で

顔を輝かせているんだ

悲しみの影なんて 人に見せちゃだめだよ

たとえ涙がこぼれそうになっても

そんな時こそ 頑張ってでも笑顔でいるんだ

そう、君は笑顔のほうがずっと素敵さ

泣いたって、何の役にもたたないだろう?

どうかこのことを信じていてほしい

いつも笑顔を忘れずに生きていればこそ

素晴しい出会いや生きがいに

めぐり合えるのだということを・・・
 

シリーズ・ともだち『アニー』

 投稿者:たなちへ  投稿日:2011年 4月27日(水)22時30分14秒
返信・引用
  ともだち『アニー』


アニーと言っても、外人ではない。
果たして、そのあだ名がいつついて、なんでそうなったのか友人全員がぱっと思い出せない。
しかし、アニーはずっとアニーと呼ばれている。
わりと出会ってすぐの頃から。


アニーは、女子校入学当時からのともだち。
披露宴に来てくれるともだちの中では、一番長い付き合いになる。

中学の頃、イキッたクラスメイトの連中がとにかく嫌いだったので、ぜってーこいつらと同じ高校には行きたくないと強く思っていた。
そんな時に、数学はあまり勉強しなくていい、美術ばっかり出来る、という自分におあつらえ向きの私学の高校があることを知り、迷わず受験。

その高校の美術科は、各学年1クラスしかなく、そのまま3年間過ごす。
クラスの8割はアニメオタクかビジュアル系バンド好きで構成され、残りの2割がそれ以外。という振り分けだった。
もちろん、”それ以外”に属していたら、もう仲良くなるメンツが決まっていた。
そんな中でも、アニーはとりわけすぐに仲良くなった一人。
というのも、アニーの顔が、うち好みの友達の顔、という理由。
見るからに悪いやつじゃない。
そして、実は受験の日で見てから、目をつけていたというか、覚えていた顔だったのだ。


多感な女子校時代を3年一緒に過ごした。
それはそれは面白かった。
アニーのキャラは独特で、いつもみんなからイジられて笑われていた。
アニーは立体造形を専攻していたが、アニーが作る作品はいつもみんなに『粗大ゴミ』と言われていた。
実際、いつ見てもゴミにしか見えなかった。

やがて卒業し、アニーは造形の短大に行き、おまけにその後、精華大のマンガ科に編入までした。
編入までして何してんの?と聞いたら『風刺マンガを描いてる』と言って、またみんなに笑われていた。


女子校時代のともだちが、みんなそれぞれ結婚したり出産したりして、どんどん疎遠になっていく中、
うちとアニーだけは、何故かコンスタントに顔を合わせていた。
そして、いつ会っても、全く変わらないアニーがいる。
あんだけ変わらない女も珍しいんではないかというくらい変わらない。


うちとアニーが毎年必ず暗黙の待ち合わせにしている場所が、『春一番コンサート』である。
何故か、別に申し合わせてるわけではないのに、毎年同じ日にハルイチで会う。
そして、相変わらず見た目に変化がない。(人のこと言われへんけど笑)
たまに男を連れてる時があって、その度に『カレシか!!???遂にか!!!!』と冷やかすのだが、毎回違う。
そして進展がない。

今年も会うだろうなと思っていたら、先ほどメールが来ました。
『チョリチョリース。5月1日から4日間ほど震災ボラで宮城行ってきます。春一行けない』

冒頭のチョリチョリースで、もう若さを全く感じないアニーだが、今年会えないことが残念だ。
でも、アニーとはきっとずっと何故かコンスタントに会うのだろう。
そんでもって、いつ見ても変わらないんだ。
だから、安心していつだってアニーに会える。


アニーの顔にウリふたつのアニー父が心配しているだろうから、とにかく早くカレシを作って欲しい。
粗大ゴミを創り出し、風刺マンガを描くアニーですが、心優しいとってもいい女です。
ちょっと浅黒くて、ちょっと人より唇が薄くて、ちょっとモサっとしてるけど、いい女です。
すげー声が小さいのに補聴器屋でバイトして客とのやりとりに困ったりするバカだけど、いい女です。

うちは、アニーが大好きです。
ずっと前から。ずっとこの先も。




シリーズ・ともだち
次回はアマッペです。
 

シリーズ・ともだち『アッサン』

 投稿者:たなちへ  投稿日:2011年 4月26日(火)00時52分18秒
返信・引用
  ともだち『アッサン』


アッサンともなにげに古い。

アッサンと初めて出会ったのは、1997年頃。
なんか古すぎて何年だったかもはやうろ覚えだ。
三宮の東急ハンズの前。
友達企画の飲み会というか合コンみたいなノリで、その友達が連れてきたのがアッサンだった。
ひょろっと長身でめっちゃダサイ、という印象しか正直ない(笑)
なんかバンドをやってるらしかったが、その頃のうちの興味は東京ぽいいかにもオシャレなもんにしか反応しなかったので、まったくアッサンに反応しなかった。

それが、一番最初の出会いだ。

しかしながら、その連れてきたオジという男を介して神戸バンドチームと、うちが入り浸ってた京都バンドチーム、
はたまた仲良かった東京バンドチームでどんどん繋がりが構築されていく。
ライブハウスでしょっちゅう顔を合わす。
神戸のスタークラブでやってた『ロックンロール番長集会』でのDJをがっつり担当していたせいもあり、アッサンらのその当時のバンド”ドーベルメン01”のメンバーとも、仲良くなるのに時間はかからなかった。

今から思っても、この時期に出会った仲間はもはや家族であり、他人ではないように思える。
みんな一緒にライブシーンとあの時代を盛り上げて、みんな一緒に若かった。
今でこそ、みんな結婚したり父親になったり、バンドから離れたりライブハウスから姿を消したりしている子もたくさんいるけど、あの時代を一緒に過ごした仲間は、きっとみんな心の中に大事に大事に残っていると思う。
そんで、思い出すだけでみんなが愛おしい。

アッサンは、その顔ぶれの中でも、今も一番顔を合わせている仲間かもしれない。

あんなダサかったアッサンも、結婚しお父さんになって、見るたびに老けてきた(笑)
でも、うちはいっつもアッサンには感謝しています。
その昔、うちが2人から独りになってしまった時、ライブハウスに一番最初に引っぱり戻してくれたのはアッサンだ。
DJで呼んでくれるのも、いつもアッサン。
チラシのデザイン頼んでくれるのも、いつもアッサン。
ベタ褒めもしないし、特になんも反応しないくせに、いつも、うちを引っぱり出してくれる。
古い古い家族みたいな仲間やから、うちも自然に構えなくて済む。
無理なお願いでも、アッサンには言える。


付き合いがすでに15年ほどになった今、つくづく、古い仲間への感謝がほんとに湧いてます。

去年ちょうどひとり旅に出る直前に、ミステルズと東京に行った帰り、三宮でアッサンと2人で小一時間ほどだけ飲んだ。
あの日、なんとも嬉しかった。なんか、ライブハウスでもなく家でもなくワイワイ仲間と一緒でもなく、しっぽりとサシ飲みをしたあの時間。
友情ってこうゆうの!と、心底幸せな気持ちという。


アッサン、いつもほんまにありがとう。
これからも、アッサンはそのペースでライブハウスにおってや。



シリーズ・ともだち
次回はアニーです。
 

結婚なんて、みんなのおかげ。

 投稿者:たなちへ  投稿日:2011年 4月24日(日)22時10分53秒
返信・引用
  来月、結婚式と披露宴なる一般的なものを開催する運びになりました。
33年生きてきて、こうして今シアワセハッピーだなぁと思える自分がいるのは、両親はもちろんですが、
ぜーんぶ、ともだちのおかげ!!!
ぜーんぶ、ともだちがいてくれたから!!!
と、わたしは声を大にして言えます。


なので、超個人的にこの掲示板を使って、披露宴に淡路島までわざわざ笑いに来てくれるという、わたしの大事なともだちを勝手に順番に紹介しちゃうぜ~~~!!
あいうえお順にしました。(あだ名で)

題して!!!
結婚なんて、みんなのおかげ。
シリーズ・ともだち




ともだち『愛ちゃん』

愛ちゃんは、披露宴に来てくれるともだちの中で、一番最近出会った女の子だ。
なのに、何故か、ず~~~っと遠い昔から知ってたような、ず~っと昔から一緒に飲んでたような。

愛ちゃんと出会ったのは、去年の11月19日タイはチェンマイ、ターペー門の前。
ひとり旅中だったうちが、チェンマイでのお祭りロイクラトンに参加するべく行く前から日本で下調べしてる際、
日本人男子と現地で落ち合うことになっており、愛ちゃんはその男子と彼女と一緒に来た仲間の一人だった。
ターペー門の前、18時。まだ明るい。
初対面の日本人同士。どんな人が来るんだろうとドキドキしながら一人で立ってた時の感覚は、今でもはっきり覚えてる。
アカ抜けた感じの小気味良い女子2人と、カメラを持った青年が『コンチワ~』
二言三言で、すっと喋れた。
全員が酒飲み。話しは早い。飲む場所を探しながら歩く。チェンマイの街。
愛ちゃんと並んで歩いた。
何の話しをしていたか覚えてないけど、まるで初対面とは感じない自然なテンポでどんどん喋った。
どんどん笑った。
後の2人に、『なんかあの2人前から知ってたみたいじゃん!』と笑われた。

11月19日に出会って、20日、21日と一緒に遊んだ。
でも、たった3日間の少しの時間。
21日の夜遅くまで2人で飲んだ。チェンマイのローカル居酒屋。
翌日には、愛ちゃんはバンコク、わたしはラオスに移動だった。
『絶対に帰国したら日本で会おう』


愛ちゃんが先に日本に帰国し、うちはまだひとり旅を続けていた。
ようやく旅を終えて帰国した時、愛ちゃんからメールが来た。
『絶対に淡路島行くからね!』
そうは言っても、愛ちゃんは東京在住。淡路島は遠い。

でも、愛ちゃんはほんとに来てくれた。
たった3日間、少しの時間一緒に過ごしただけの、うちの家に。

今年3月3日、愛ちゃんと再会!!!!!!!!!!!!!
なんというかもう、そりゃ言い表せないくらい嬉しかった。
チェンマイで別れた愛ちゃんが、夏服だった愛ちゃんが、冬服で。
なんか、確実にここは日本で、確実に季節は巡って、でも、お互いがお互いのことを忘れてなくって。


それから愛ちゃんは一週間淡路島に滞在した。
この時、大きなキッカケを与えてくれた愛ちゃんのおかげで、うちの結婚が決まったようなもんと言っても過言ではない。


愛ちゃんとは、多分、死ぬまでともだちの類いです。
出会うべくして、あの日チェンマイで出会ったんやろうとほんまに思う。
今日までのシナリオは、あの日、チェンマイの時点ですでに描かれていたものなのかもしれない。


愛ちゃん、ありがとう。
出産の時期は、また長期滞在やで(笑)





シリーズ・ともだち
次回はアッサンです。



 

大人になれば。

 投稿者:たなちへ  投稿日:2011年 4月23日(土)11時56分35秒
返信・引用
  今年の年明け、一夜限りのハッピーズ再結成を見るべく、東京は高円寺まで年甲斐もなく18切符で足を運んだ。
DJは北沢夏音にフミヤマウチ。
女子校生の頃、食いつきまくってシビれてた音楽が次々にまわされ、色んな思い出と共にふわ~っと蘇る。

わたしはこの時からアホほど黒い円盤に魅せられて、どんどんヲタク女子高生に変化する。

ずっと頑に愛し続けた日本のレコードの世界。
気がついたらもうすぐ34才だった。


東京でのハッピーズライブが終わった直後、すぐに『大阪でもやろう!』と企てた。


そして、実現!!!!
本日より、詳細解禁となった。

詳細はコチラ!!!!!!
↓↓↓
http://www.joenakamura.com/happies_oosaka/


お見逃しないように!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
西日本の皆さん、集合ですよ。





そんな中、わたしはわたしで身体に異変。
ハッピーズハッピーズと黄色い声を出していたわたしは、すっかりオバハンになり、今では田舎暮らしでゲストハウス作り。
あちこち旅に出たかと思えば、いきなり目出度く結婚の運びとなり、おまけにこのほど新しいパスポート”母子手帳”なんぞを交付されてしまった。
7月2日は、ちょうど安定期に入ったと思われる頃なので多少飛んだり跳ねたりしても大丈夫だろう。(ほんまか?笑)
いーや、母親が楽しけりゃ子供だって楽しい。それが胎教ってやつでしょ。(ほんまか?笑)
なにはともあれ、自分が妊婦にまでなってDJすることになるとは、夢にも考えてなかった。
人生ってほんまにおもしろい。
大人になれば、色んなことがある。
子供の時も青春時代も色んなことがあるけど、大人になれば、もっとおもしろい。
夢で見たよな大人ってカンジ。
ちょっとわかってきたみたい。


大人なら、楽しもうじゃないか。
そうゆうことよね。
 

ホソノハウスからホソノ場へ

 投稿者:たなちへ  投稿日:2011年 4月21日(木)11時48分35秒
返信・引用
  んあ~~~~~~~!!!
こんなドドド田舎までちゃんと届いたぜホソノバ。
便利な世の中バンザイ!近所にタワレコもHMVもなくたって、CDがクリック一発でポストに!

朝からソッコー爆音でプレイ!!!!


んあ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ありがとう細野。
ずっと好きでよかったよ。
やっぱ細野は揺るぎなく好きな音楽人です。
何やったってステキだもの。
ああ~あ、日比谷行ける人ほんま心底うらやましい。
生で聴けるんやもんなぁ、CDの曲。
つうか、このアルバム、やっぱレコードでA面B面で聴きたい。
針落としてぇ~~~~~~~。
脳内ではLPのイメージまんまんで聴いてます。
あ~ホソノハウスから順番にレコード聴いていきたくなるな。


やっぱ、自分の好きな音楽を聴いてるとゴキゲンです。脳が喜んでる。


そそそ、カセットコンロスのカリプソアゴーゴーもたまらんかったぜ。
自転車乗ってぴゅいーっと出かけたくなる。
海沿いをドライブ。
缶ビール片手に野外ライブ!
あ~~~~夏!!!
はよ来い夏!!!!!カモンサマー!!!!!!!!

 

ったく!

 投稿者:たなちへ  投稿日:2011年 4月16日(土)21時44分24秒
返信・引用
  いつになったらぬくなるんや!(激怒!)
寒いやないけ!(プンスカ!)
もう4月も半ばやぞ、な!か!ば!(ほっぺたをふくらませながら腕組みポーズで)


あ~~~~~っ寒い。
ほんまに寒い。
寒いのはとかく嫌いです。四季のうち夏しか必要としないね、わたし。
出来ることなら、ほんとに年中南国の赤道直下にいたい。
ヤシの木がざわざわ。セルリアンブルーの透明な海。のどごしスルリの安いビール。辛い麺・・・・
(ぽわ~~ん・・・・←妄想してヨダレ)



今日は、恐ろしく眠くて(だいたい毎日やけど)、毛布をかぶりつつ、水曜どうでしょうの昔のDVDとかひたすら見て半日過ぎた。
ヨーロッパ21カ国見てたら、ヨーロッパも行きたくなるなぁ。
ドイツリベンジしたい。
スペインもスイスもベルギーも行ってみたい。
一番行きたいのはベルギーだな。旅先で出会うベルギー人はいつだって親切だったもの。(理由はそれだけじゃ!)
つくづく、自分の脳内の6割くらいは『もしも、旅に出たら』ということで占められてるな、と思う。
でも、だからって他のことを全く考えてないわけでもないし、おろそかにしてるわけでもないし(言い訳)
日々、旅に出れなくても楽しんでいるわけですよ。はい。メイビー。(多分かよ!笑)


目下の楽しみは、細野の新譜ですが、明日明後日くらいに届くカセットコンロスの新譜カリプソアゴーゴーもめっさ楽しみ。
いや~~~便利な世の中。アマゾン様さま。
コンロスは、これからの季節また重宝するぞ~~。うひ~たのちみたのちみ。


たのちみと言えば、GW、『実家に帰らせてもらいます!!!』←おっと!新婚でいきなりの三くだり半か!!
というのはウソで、わたしのライブ欲が押さえきれず、大阪へ出ます。
GWといえば、毎年仕事を無理矢理希望休入れて猛反発をくらったあげく、夜勤明けで寝ずにライブに出かけるという強行スケジュールだったりしたなぁ。
今年は、ハルイチ~バンバンの2本立てを満喫しようと企み中。
自分の楽しみは、やっぱきちんと楽しみたいモンです。はい。(キッパリ!)



早く来ないかなぁ~GW~~~。


とかゆうてる間に、GWが過ぎたらさんじゅうよんさい!!!!どっひゃ~~~~~~~~~~~~!!!
あんなに若かったわたしがささささささんじゅうよんさい!!!

いんや、まだまだ若いよね。女は30過ぎてナンボってよく言うよね。(そうゆうことだけは鵜呑みにするタイプ)



さてと、昼間散々寝たけど、また横になろう。
 

HoSoNoVa

 投稿者:たなちへ  投稿日:2011年 4月 9日(土)15時06分30秒
返信・引用
  テレビのない生活歴8ヶ月が過ぎましたが、なんか不便かと聞かれても、何も不便じゃないのが自分でも不思議です。
あんなに職場で夜勤で家でなにげにテレビがついていたのに、今じゃどんなCMやってるかドラマやってるかすら知りません。

そんな中、唯一情報を得れるものとしてラジオなんやが、我が家はオーバー45のためのラジオステーションこと、FMココロのヘビーリスナー。
ほんっとに、FMココロはツボついてやってくれます。
オザケンもティンパンもムーンライダースも大塚まさじもイイチョイスでかかるのなんのって。
で、こないだ車に乗ってた時に、細野の声。
でも、聞いたことない曲。
細野の声がしていて、うちがわからんなんて曲があってたまるか!!とたんに悔しくなる。
なんだ?なんなんだ?この曲。
なに???
新曲?出るの?


と、思ったら、新譜が出るんだとね!!!!!!!!!!!!!!!!!
『HoSoNoVa』
おまけに、5月1日に東京日比谷でティンパンバックの一夜限りライブまであるじゃんかよ!!!
なんだよソレ!!!!!
すでにプレミアチケット!!!
く~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~行ける人うらやまし~~~(泣)
譲れ~~~譲ってくれ~~~~~~~譲ってくだせ~~~~~(土下座)


こうゆう情報、前までならしょっちゅう飲んでた中口とかから耳に入ったもんですが、最近はめっきり。
はぁ~~~~。
こうゆう時に出遅れる感が、まだ都会を諦めきれてない自分を感じる(笑)



そんなわけで、さっきアマゾンでHoSoNoVa予約しました。べーんり。クリック一発オッケー。
発売が待ち遠しいぜ。
 

小寒い。

 投稿者:たなちへ  投稿日:2011年 4月 3日(日)15時02分56秒
返信・引用
  春なのに~。
小寒い。
早くシャツ一枚でてろっと出掛けるくらいの陽気になってくれよう。
外で遊びたくなる気候になってくれよ~。

週末、律の散歩以外一歩も出歩いてません。
引きこもってチマチマ作業。


こないだ、結婚式の衣装屋を覗いたら捨て犬拾ったって、超ちっこい子犬がひょこひょこ出てきて、
死ぬ程萌え~~~~~~~~~~~~~~ってなりました。
んもう、キャワイイのなんのって。
やっぱ犬が好きだな、と思った。

律もあんなだったのになぁ。


我が家に来た日の律。
ちっっっっこっっっっっっ!!!!!!!!!!!
 

名字が変わりました。

 投稿者:たなちへ  投稿日:2011年 4月 1日(金)23時30分9秒
返信・引用
  エイプリルフールというわけで、ウソついてるわけやないです。
ついに、再び(苦笑)名字を変えることになりました。
去年の今頃なんて、ほんとそんなことになるなんて夢にも思ってなかったもんで、つーか、
そもそも、そんな名字の人、知るよしもなかったし。
つっくづく、人生て何がどう急変するかわかんねーなと思います。
7年目ぶりに、なんだか新しいハッピーが到来しました。
不思議な感覚です。


全く何も想像だにしてなかった、去年の4月アタマの私。
この時の自分にゆうてやりたい。
『来年の4月、あんた超幸せやで』と。
 

えいぷりる!

 投稿者:たなちへ  投稿日:2011年 3月30日(水)10時58分26秒
返信・引用 編集済
  もうすぐ4月!
ひゃ~~~~。早い。
お花見しなくちゃ。
桃が池に行かなくちゃ。
しかしまぁ、お花見しに行くだけという理由で島から出る金はどこ探してもな~い!!(泣)
でも、どうにかして桃が池に行きたいと企んでいます。(コッソリ)
やっぱ、毎年恒例のもんは、生きてる限り可能な限り、恒例でありたい。
とかなんとかまぁ、どうにかして天王寺行きたいだけやけどさ。
淡路島はもちろんイイとこです。
大好きなみんなもたくさんいるし、食べ物は美味しいし、星もきれいしね。
でもまぁ、うちにとって、天王寺は別格なのだな。と、最近思います。
あと、そこにいる仲間が。別格。


こないだの週末、松木カズミナフォンが遊びに来て、喋り倒して声が出なくなりました。(どんだけ!)
そのまま、みんなが帰るのに一緒について大阪戻ってしまい、天王寺でしやかんオバジョーくんも合流。
ますます笑い過ぎて声が枯れた。
セミナーの話やら、怒るサラリーマン(こぶし握りすぎて出血)とか、無意味に笑った。


そんなこんなで、そこで爆笑する仲間はみんな結婚式にわざわざ淡路島まで来てくれるメンバーなのでほんとに感謝してます。
松木が何回も何回も『披露宴楽しみ』というセリフを口にしていますが、誰よりも楽しみなのは、わたしです!
どこに出しても恥ずかしくない(ある意味恥ずかしい)バカな友人がよりすぐり集結!!
どんなおもろいことになるんやろう。
毎回ミナフォンとしかやんを間違えるうちのオカンにも、2人をきちんと紹介したい。
こっちがミナフォン、こっちがしかやん!



あ、そういや、5月にバンバンライブあるみたい。
春一とかぶってるかなぁ、GW。
シャングリラの方が、バンバンバザールクインテットやったはず。行きて~~~~~~~~~!!!!



今日は、両家顔合わせというイベントです。
さてさてどうなりますやら。
がさつな嫁に見えないようにつとめましょう。
 

松木が来るぞ!!!

 投稿者:たなちへ  投稿日:2011年 3月20日(日)23時04分20秒
返信・引用
  今度の土日、松木が来るぞとメールあり!
あ~~~~~めっちゃ嬉しい。
喋りたいことがてんこもりある。
あ~~~~~~なに食べて遊ぼう~~~~。



最近、登山願望はもちろん、ライブ願望もふつふつしてます。
バンバンバザール。
もしくは、吾妻さん。
そして、5月のイッセー尾形を予約しようかしまいかを考えあぐねている。
むしょくの結婚を控える身としては、よんせんえんはイタイ。
おまけに島から神戸まで出る交通費を考えたら、行けない・・・トホホホホ。
ひゃくまんえんくらい降ってけーへんか~。
 

登山願望

 投稿者:たなちへ  投稿日:2011年 3月19日(土)16時12分19秒
返信・引用
  もう、ムショーに山へ行きたくて仕方ない。
パソコンの山写真ばかり見てしまう。ビョーキだ。
東のみなさんは、元気ですか?
わたしは元気ですが、とにかく眠いです。
結婚式なんてのーは、色々決めないとあかんことがてんこもりで、わちゃわちゃしてます。
衣装合わせとかテンションあがりました。
ドリフみたいな仕上がりにならぬよう、心底願うだけです。

最近の目下の楽しみは来週受け取りの水曜どうでしょう最新作DVDを見ること。(それかよ!!笑)


お友達のみなさん、披露宴の招待状を送りますよ。
親族両親おる系、祝儀つつまなあかん系の披露宴で、しかも淡路島なので呼ぶのも気を使います。
ですが、あべので集合していた家族のみんなはほぼ強制的に参加ですよっっ!のっっっ!!!
気持ちの中では『田中な夜だ。披露宴編』だと思っててください(笑)
おつカレーも、キムパブも、なすの揚げ浸しも、鮭の南蛮漬けも出せないけど、ニューモーニングのライブもないけど、うちの心の中では田中な夜だ!集大成だ!


はぁ~~~、とにもかくにも、山に行きたい。
がさがさと山を歩きたい。
ほんで、山ん中でおにぎりとラーメン食べて、コーヒー飲みたい。
 

Re: たなちえ、無理しょ朝まで

 投稿者:たなちへ  投稿日:2011年 3月17日(木)14時17分17秒
返信・引用
  > No.1529[元記事へ]

AKKOさんへ!!

どもです!ありがとう!!
彼氏なんてもう生まれたての子が小学何年生になるような期間いませんでしたよ!(笑)
ところが、人生なにがあるかわかりません。
こればっかりは。
びびびというか、なんとなく、という感じでしょうか。
気がついたら、という感じでしょうか(笑)


ギリに行くとのことで、めっちゃうらやましいです。
トラワンガンならば、とりあえず宿はたくさんあります。
メインの海岸沿いから一本入ると、値段も手頃になります。
当日でも問題ないと思いますよ。
船着き場から右手に進んだところにあるツーリストインフォのアンディにぜひ会ってきてくださいね。
ちえから聞いたと言ってあげてください。
シュノーケルにパーティ、楽しみまくってください!!


ちなみにアンディ。(去年11月に行ったときの写真です)
 

レンタル掲示板
/24