teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:20/270 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

大会のデータ

 投稿者:保健室N  投稿日:2008年12月15日(月)13時02分54秒
  通報 返信・引用
  はたぼ先生に追加項目。
 今回の傷害者数は42箇所の傷害名がありました。(去年は25箇所)
 症例数は171症例と今回の大会の大きさと選手の疲労がいかに大きいものであったと思います。
 昨年同様。やはり左下肢に関る負担が大きいようで、今後の育成にとって重要な項目になるような気がします。
 今回選手の傾向では足→腰にくる痛み・疲労がみられました。
 今後は足に注目し、又、疲れにくい動作の練習を考えていただきたいと思いました。
一例ですが、この大会で私が気づいた動作と下肢の負担の関連性について考察案を書かせていただきます。
 ヒットを打つ際、ボールを打つ方向に足先を向ける選手とそうでない選手がいました。
 試合を見ていて気づいたのは、「足先をボール方向へ向けていない選手」は
 足の疲労が際立って多く、下腿部に痛み、疲労感を持っているケースが多かったです。
 基本に返って動作をすることで怪我をしにくい体作りが出来るのではないでしょうか?
一度ご検討していただきたいと思います。
 
 
》記事一覧表示

新着順:20/270 《前のページ | 次のページ》
/270