teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:1/9 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

“内なる敵”が日本を滅ぼす

 投稿者:ヨーゼフ:クネヒト  投稿日:2020年 7月12日(日)18時21分45秒
  通報
   日本国民の命をどう守るか。いうまでもなく、これは国家と政治家の最大使命である。
だが残念なことに日本ではそのことを政治家やマスコミがほとんど理解していない。

いわゆる“平和ボケ”そのものだ。
それどころか、日本人の命の敵となり、他国を利するために懸命に動くやつがいる。
そういうやつを“内なる敵”と呼んでいる。

 厄介なのは、その中に自分が日本人の命を危うくしているなどと露ほども思わず、自分はいいことをしていると、
嬉々として活動に没頭する人たちがいることだ。

自分が中国や朝鮮の味方であることすら理解できていない。

 議論になっている敵基地攻撃問題を例にとってみれば、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備が停止になり、
あらためて敵のミサイルを発射前に破壊する能力について議論が生じた。

ミサイルが発射されてから迎撃態勢に入り、これを撃ち洩らした場合を考えれば、国民の命を守るには、発射されてからではなく、
当然、発射前に叩くことが重要。

 だが日本では国民の命よりも「敵基地」の方を守りたい勢力は大きい。
立憲、共産、社民などの野党はもちろん、与党の公明党もそうだ。


 
 
》記事一覧表示

新着順:1/9 《前のページ | 次のページ》
/9